格安SIMの通話料が半額に!DMM mobileが通話アプリをリリース!

業界最安値のプランでシェアを伸ばすDMM mobileが、格安SIMでの通話料金が半額になるアプリ「DMMトーク」をリリースしています。

すでにAndroid版が10月1日に、iOS版が10月19日よりリリースされており、本アプリからの発信またはプレフィックス番号(0037-692)を発信番号の先頭につけて発信することで、いつでも、誰とでも、通話料が半額となるとのこと。

格安SIMなのに10円/30秒で通話ができる!

格安SIMを使ったプランのデメリットとして、ほぼすべての格安SIM提供会社の通話プランが「20円/30秒」となってしまうという通話料金の高さがありました。

DMMでは、専用アプリの提供でこの金額を半額におさえることができるとしています。

※他社でも例えば楽天モバイルの「楽天でんわ」など同様の通話専用アプリは存在しています。

「楽天でんわ」アプリについて

やっぱり気になるのは”通話の品質”

dmmトーク評価

Androidアプリ「DMMトーク」Google Playストア評価より抜粋

通話料が半額!と聞くとかなり良いニュースに聞こえるのですが、通話アプリで問題になるのが、通話の品質です。

すでにリリースされているDMM mobileのAndroidアプリの評価コメントをみると、

  • 契約してなくても DMMmobile契約してなくても使えるみたいです。データSIMで契約してますが、別で使ってる電話番号を登録してみました。アプリもまあ他のやつと使い勝手似てて親しみやすいので良いと思います。
  • いいね 最初の登録さえ終われば簡単に使えて便利ですね!

など、通話品質は特に指摘はないので、iOS版でも同様に使えることを期待したいですね!

「DMMトーク」サイトへ

まとめ

通話アプリで1点注意となるのが、LINEやSkypeで通話できる相手にかけてしまうと料金が発生してしまうおそれがあるということです。

LINEやSkypeなどはネット回線を利用した通話ですが、DMMトークなどの通話アプリは電話回線を利用するため、利用シーンを考えて使うようにしないと、本来0円で済む通話に料金がかかってしまいます。

格安SIMプランやこのような通話アプリを利用してお得にスマートフォンを使ってきたいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. au/docomoどちらも使える対応端末の多さが魅力の【mineo(マイネオ)】

    mineo(マイネオ)は、auとドコモのどちらの回線も使用できることが最大の売りのサービスです。また…
  2. 【2015年9月版】格安SIM検討中の方必見!JR山手線内の格安SIM通信速度調査

    リサーチ会社のMMD研究所が10月7日に発表した「2015年9月格安SIM通信速度調査」が、これから…
  3. 使った分によって最適プランに!新しい定額SIMを実現した【freetel(フリーテル)】

    freetel(フリーテル)は、使っても使わなくても定額になってしまうと無駄な料金になってしまう課題…
  4. 5段階定額プランも!月額500円からの定額が嬉しい【b-mobile】

    b-mobile(日本通信)は、様々なプランを打ち出していることでも知られています。特に、500円か…
  5. ぶっちゃけ「格安SIM」の通信速度って遅くないの?

    格安SIMを検討している方には、おそらく全員が思うであろう、通信速度の不安。これは日常で使うスマート…
ページ上部へ戻る