格安SIM回線800万回線突破!前年よりも50%アップし普及期目前か?

格安スマートフォンや、格安SIMといった言葉を頻繁に耳にするようになった昨今。MM総研から最新の格安SIM事情を伝えるレポートが発表されました。

国内の格安SIM契約数は、800万を超えた!

国内の独立系MVNO業者、言い換えれば格安SIMを提供する事業者の回線を利用する契約者数が、なんと810万回線になりました。前回の調査時点(2017年3月)では、539万回線だったので、前年比50%アップの増加率という結果になりました。

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIMを提供する事業者の中でのシェアも発表され、以下のような結果となりました。

出典:MM総研ホームページより引用

 

  • 1位 OCNモバイル(OCN)
  • 2位 IIJモバイル(IIJ)
  • 3位 楽天モバイル(楽天)
  • 4位 mineo(ケイ・オプティコム)
  • 5位 FREETEL(プラスワン・マーケティング)
  • 6位 ビックローブ(ビックローブ)
  • 7位 UQ mobile(UQコミュニケーションズ)

となりました。特に6位のビックローブについては、Youtubeなど動画視聴に対するパケット通信をカウントしない、エンタメフリープランなどが好評で、堅調に推移したとのことです。

ついに普及期か?拡大見通しの格安SIM・格安スマートフォン市場

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIM全体の契約数は順調に拡大しており、19年には、1570万回線ほどになるのではないか、と予想されており、いよいよ格安SIMが当たり前のように利用される時代がきたといえるでしょう。今後の展開にも目が離せません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 安さと複数SIMのプランが魅力の格安SIMプラン【BB. excite】

    BB. exciteは、大手ポータルサイトのexcite社が運営している格安SIMサービスです。ドコ…
  2. 通信量の制約なし!無制限利用プランが特長の【ぷららモバイルLTE】

    ぷららモバイルLTEはLTE回線無制限サービスの先駆けといえる格安SIMを提供しています。また、通話…
  3. 20年の信頼と実績が魅力の格安SIMサービス【IIJmio】

    IIJmioは格安SIMのパイオニアともいえる存在の事業者です。そのため、信頼性を重視するユーザーに…
  4. 使った分によって最適プランに!新しい定額SIMを実現した【freetel(フリーテル)】

    freetel(フリーテル)は、使っても使わなくても定額になってしまうと無駄な料金になってしまう課題…
  5. 通信の安定性と楽天スーパーポイント特典が嬉しい【楽天モバイル】

    楽天モバイルは、ドコモ回線を利用したSIMサービスを提供しているため、通信環境の安定性に定評があると…
ページ上部へ戻る