格安SIM回線800万回線突破!前年よりも50%アップし普及期目前か?

格安スマートフォンや、格安SIMといった言葉を頻繁に耳にするようになった昨今。MM総研から最新の格安SIM事情を伝えるレポートが発表されました。

国内の格安SIM契約数は、800万を超えた!

国内の独立系MVNO業者、言い換えれば格安SIMを提供する事業者の回線を利用する契約者数が、なんと810万回線になりました。前回の調査時点(2017年3月)では、539万回線だったので、前年比50%アップの増加率という結果になりました。

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIMを提供する事業者の中でのシェアも発表され、以下のような結果となりました。

出典:MM総研ホームページより引用

 

  • 1位 OCNモバイル(OCN)
  • 2位 IIJモバイル(IIJ)
  • 3位 楽天モバイル(楽天)
  • 4位 mineo(ケイ・オプティコム)
  • 5位 FREETEL(プラスワン・マーケティング)
  • 6位 ビックローブ(ビックローブ)
  • 7位 UQ mobile(UQコミュニケーションズ)

となりました。特に6位のビックローブについては、Youtubeなど動画視聴に対するパケット通信をカウントしない、エンタメフリープランなどが好評で、堅調に推移したとのことです。

ついに普及期か?拡大見通しの格安SIM・格安スマートフォン市場

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIM全体の契約数は順調に拡大しており、19年には、1570万回線ほどになるのではないか、と予想されており、いよいよ格安SIMが当たり前のように利用される時代がきたといえるでしょう。今後の展開にも目が離せません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. Youtube動画が見放題!高速LTE無制限プランが魅力的な【U-mobile】

    U-mobielはU-NEXTが運営するサービスなので、様々なコンテンツを閲覧するために大容量のデー…
  2. 今さら聞けない!そもそも「格安SIMカード」って何?

    「格安SIMカードで通信量節約!」「SIMフリー端末で快適な通信環境を!」など、巷では色々と聞くキー…
  3. 【2015年9月版】格安SIM検討中の方必見!JR山手線内の格安SIM通信速度調査

    リサーチ会社のMMD研究所が10月7日に発表した「2015年9月格安SIM通信速度調査」が、これから…
  4. 初心者必見!自分に最適な格安SIMを選ぶための3つの診断ポイント

    自分がいつもどのくらいの通信量なのかピンとこないから、格安SIMにするのが不安という声を多くの方から…
  5. ドコモユーザーにおすすめ!安定した速度が魅力の【NifMo(ニフモ)】

    NifMo(ニフモ)は、大手プロバイダのniftyが運営する格安SIMサービスです。ドコモ回線を利用…
ページ上部へ戻る