格安SIM回線800万回線突破!前年よりも50%アップし普及期目前か?

格安スマートフォンや、格安SIMといった言葉を頻繁に耳にするようになった昨今。MM総研から最新の格安SIM事情を伝えるレポートが発表されました。

国内の格安SIM契約数は、800万を超えた!

国内の独立系MVNO業者、言い換えれば格安SIMを提供する事業者の回線を利用する契約者数が、なんと810万回線になりました。前回の調査時点(2017年3月)では、539万回線だったので、前年比50%アップの増加率という結果になりました。

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIMを提供する事業者の中でのシェアも発表され、以下のような結果となりました。

出典:MM総研ホームページより引用

 

  • 1位 OCNモバイル(OCN)
  • 2位 IIJモバイル(IIJ)
  • 3位 楽天モバイル(楽天)
  • 4位 mineo(ケイ・オプティコム)
  • 5位 FREETEL(プラスワン・マーケティング)
  • 6位 ビックローブ(ビックローブ)
  • 7位 UQ mobile(UQコミュニケーションズ)

となりました。特に6位のビックローブについては、Youtubeなど動画視聴に対するパケット通信をカウントしない、エンタメフリープランなどが好評で、堅調に推移したとのことです。

ついに普及期か?拡大見通しの格安SIM・格安スマートフォン市場

出典:MM総研ホームページより引用

また、格安SIM全体の契約数は順調に拡大しており、19年には、1570万回線ほどになるのではないか、と予想されており、いよいよ格安SIMが当たり前のように利用される時代がきたといえるでしょう。今後の展開にも目が離せません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. au/docomoどちらも使える対応端末の多さが魅力の【mineo(マイネオ)】

    mineo(マイネオ)は、auとドコモのどちらの回線も使用できることが最大の売りのサービスです。また…
  2. 業界トップシェアを誇る格安SIMサービス【OCN モバイル ONE】

    OCN モバイル ONEは、業界でもバツグンの知名度を誇る格安SIMの代名詞的な存在です。信頼性もあ…
  3. 【格安スマホ講座】格安スマホと普通のスマホ一体何が違うの?

    いまや当たり前のように言葉が使われる、格安スマホ。しかし、格安スマホと普通のスマートフォンの違いって…
  4. 格安スマホでもカメラはこだわりたい!写真好きがチェックすべき3つのポイント

    格安スマホを検討しているんだけど、結構スマートフォンで写真をとるからカメラが良くないと嫌だ!という方…
  5. 通信量の制約なし!無制限利用プランが特長の【ぷららモバイルLTE】

    ぷららモバイルLTEはLTE回線無制限サービスの先駆けといえる格安SIMを提供しています。また、通話…
ページ上部へ戻る