NifMoが定額1300円で通話し放題のメニューを発表!

NifMoの1300円国内通話かけ放題定額サービスを発表

格安SIMでもシェアが多いnifty運営のNifMoが、国内通話し放題で1300円のメニューを発表しました。

大手キャリアでも話し放題が当たり前になっていますが、その価格の安さによって格安SIMへの移行がますます本格化しそうです。

NifMoでんわの詳細ページへ

IP電話を利用した通話サービス

このNifMoの通話し放題プランは、電話回線ではなくインターネット回線を利用した通話サービスです。

このためコストも安くなり、国内通話のかけ放題定額サービスを利用しています。

仕組みだけで言えば、LINEやSkepeの通話と同じようなイメージです。

通話にはデータ量が消費されるのは要注意!

また、この通話サービスは、インターネット回線を利用しているので、その分インターネットのデータ量が発生します。

通話時のデータ通信消費量の目安 : 約1.5MB/3分とのことですので、長電話がなければあまり気にすることはありませんが、格安SIMのプランによってはデータ量を圧迫する可能性があるため、その点は注意したほうが良いでしょう。

緊急電話番号にかけられない・・などIP電話の弱点も理解しよう

そして、IP電話を利用するにあたり、NifMoの定額通話以外にも当てはまる注意点もありますので、覚えておきましょう。

  • IP電話は緊急電話(110番,119番など)には基本的にかけることができない
  • インターネット回線なので通話品質が電話回線よりも悪くなる場合がある
  • 相手方に非通知として受けられてしまう場合がある

NifMoでんわの詳細ページへ

まとめ

以上の点は、お得なIP電話サービスでも多い注意点ですので、理解しておいたほうがよいでしょう。

いままでのIP電話サービスは、050 plus や楽天でんわなど、単純に通話料金が電話よりも安いというのが一般的なサービスでした。

今回のNifMoが打ち出した通話し放題の仕組みであれば、出先で通話が多いビジネスマンなど様々な層への普及が予想されます。

ぜひこのプラン以外にも、自分にあった格安SIMプランを見つけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 5段階定額プランも!月額500円からの定額が嬉しい【b-mobile】

    b-mobile(日本通信)は、様々なプランを打ち出していることでも知られています。特に、500円か…
  2. 初心者必見!自分に最適な格安SIMを選ぶための3つの診断ポイント

    自分がいつもどのくらいの通信量なのかピンとこないから、格安SIMにするのが不安という声を多くの方から…
  3. au/docomoどちらも使える対応端末の多さが魅力の【mineo(マイネオ)】

    mineo(マイネオ)は、auとドコモのどちらの回線も使用できることが最大の売りのサービスです。また…
  4. ぶっちゃけ「格安SIM」の通信速度って遅くないの?

    格安SIMを検討している方には、おそらく全員が思うであろう、通信速度の不安。これは日常で使うスマート…
  5. Youtube動画が見放題!高速LTE無制限プランが魅力的な【U-mobile】

    U-mobielはU-NEXTが運営するサービスなので、様々なコンテンツを閲覧するために大容量のデー…
ページ上部へ戻る